ロリポップのレンタルサーバ+他社独自ドメインで無料SSL化

2021年3月1日

広告

ロリポップのレンタルサーバでSSL化をするのはひと手間必要

ロリポップのレンタルサーバでは無料SSLというサービスがあります。
これを使いたいのですが、ロリポップで提供しているムームードメインを使っていないと
制限
がありました

ロリポップのレンタルサーバで無料SSL化をするために必要な条件

無料のSSLを使うために必要な条件としてムームードメインで提供された独自ドメインを使うか、
ロリポップ側で提供しているDNSサーバを使用するかの2択があります。

そのため上記2個のどちらかをそのまま選べる方はそれだけで大丈夫です。

詳しくは公式のWebページ

すでにほかのDNSサーバを利用している場合の問題

私の場合、もともとQuiccaをWebサーバにして、ドメイン取得は他社で行っていました。
しかし、PHPのバージョンが全く上がらないなどの問題があったのでロリポップへ移行しました。
その結果、諸々のサービスの運用で他社のDNSサーバを使っていました。
自分でレコードを管理をしていたので他社DNSサーバを引き続き利用したく
無料SSL化をあきらめていました。

無料SSL化できない例

解決策

DNSサーバのレコードにかかわる使い方になりますので、うまく機能しないなど予期せぬ事態には備えてください。

必要なこと

NSレコードで、SSL化したいドメインを既存の他社DNSサーバに指定する。こんな感じです。

risok.wpblog.jp NS uns01.lolipop.jp
risok.wpblog.jp NS uns02.lolipop.jp

この状態でロリポップの管理画面に行くと対象サイトを無料SSL化できます。
SSL化作業中から完了まで20分くらいかかりましたが無事SSL化できました。

注意点

現在利用中のDNSサーバでNSレコードが取り扱えるか、移行したい先のドメインを指定できるか
などは要確認です。無料トライなどで試してみてもいいかもしれません。

スタードメインの場合、NSレコードが取り扱えないので、スタードメインで取得したドメインを使い、ロリポップで無料SSL化はできないと思います。
https://www.star-domain.jp/man/man_dns_setting.php#s02

もちろんもともと自分のWebサイトのAレコードだけを解決できれば良いという方はそのまま
ロリポップのDNSサーバに全て委ねてしまえばいいと思います。
そういう方はドメイン管理の設定でロリポップのDNSサーバを指定してしまえばOKです。
お名前ドットコムの場合は「その他のネームサーバー」の項目を参考に設定しましょう。
https://www.onamae.com/guide/p/67