Amazon Correttoに変更した影響が出たとき

Oracle JAVAのライセンス変更

商用におけるOracle JAVAの利用が有償化されました。個人にとっては関係ないと思えますが、製品側がOracle JAVAからAmazon Correttoに移行し始めているとも聞くので個人PCでもAmazon Correttoに変更しました。

JAVAが見つからないといわれた

ということで、Amazon Correttoを使っていたのですが、OWASP ZAPのインストールしたときにJAVA(JRE)が見つからないとエラーが表示されました。

元々JAVAを自動的に見つけるインストーラなのかはわかりませんが、Amazon Correttoにした影響かもしれないので記事にしておきます。配置というボタンを押して以下のようなパスを指定すれば大丈夫だと思います。

C:\Program Files\Amazon Corretto\jdk<version>\bin

<version>にはバージョン番号が入ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です