Everyone can codeでエラーがでる件

Everyone can codeでSwiftはじめ

Everyone can codeはAppleが提供しているLearningコンテンツです
初心者がコーディングを組めるようになるためのコンテンツです。

変数に絵文字を使ったりと、厳密すぎないわかりやすいコンテンツ
作りになっています。

これだけでリリースできるくらいのものが作れるかというと、
通信などに関わるガイドが記載されていないので難しいと思いますが
自力で調べるための力はつくんじゃないかなと思います。

久々に復習にもう一度やろうとするとエラーが・・・

二つの問題にぶつかったので両方記録します。

問題1 テキストのバージョンが上がっていた

Everyone can codeのコンテンツはiBookで提供されています。
実質的にはiBook内に掲載されているXCode Playgroundファイルで構成されています。

しばらくやっておらず復習となるため、iBookのバージョンを確認したのですが
まずiBookのコンテンツのバージョンがわからず戸惑いました。これは試行錯誤で
クリア。

バージョンはiBookでライブラリ→リスト表示を選ぶ→表示行にバージョン番号を
選んであげるとバージョン番号が確認可能になります。

最新版は現時点で3.2のためバージョンアップが必要です。が、バージョンアップ方法が
わからず、一旦削除して再度ダウンロードすることでバージョンは3.2になりました。
これでこの問題はクリアです。

問題2 エラーで実行できないPlaygroundがある

07_BoogieBot.playgroundまで進むとすでに組み込みで作られているBoogieBotという
ロボットを使ったコーディングパートがあります。

開くとすぐに XCode上にエラーが出たのですぐおかしいなと思いました。

ちゃんと調べてませんが、これらのメソッド・クラスが改名されているので
コード上でも書き換えろということのようです。

具体的には”has been renamed to”の前に書いてあるものを後ろのもので書き換えます。
つまり
kCAAlignmentCenter → CATextLayerAlignmentMode.center
という感じです。

実は書き換えただけでは何故かうまくいかなかったのでXCodeを再起動して
無事、動作確認ができました。


1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です