Apple Watchの文字盤に「再生中」を追加する方法

Apple Watchで音楽プレーヤを操作したい

Apple Watchを使っているとiPhoneで再生している曲名を確認したり、操作をしたい
ことがあります。また確認の方法もわざわざApple Watchのボタン操作をすることなく
文字盤だけでみられると言うのがしたくなります。

Apple Watchでは文字盤をカスタムすることで、様々なアプリの情報を表示することが
できます。

ミュージック以外を使っていると困ったことに・・・

「ミュージック」アプリ( iPhone標準搭載プレーヤ)を使っていれば文字盤に曲名を表示したり
することはできるのですが、ミュージック以外のアプリをiPhoneで使っている場合には
ちょっと困ったことにになります。

Apple Watch対応アプリであれば問題ないかもしれませんがおそらく多くの音楽再生アプリ
はApple Watch用アプリを作っていないのでこの問題を越える必要があります。

「再生中」を使えば対応できる

再生中というのはアプリではないのですが、Apple Watchに搭載されている機能です。

https://help.apple.com/watch/#/apd4ea5db227
実はこのURLに書いてある通り、文字盤でも再生中を表示できます。
ですが、文字盤のカスタマイズをしても「再生中」が出て来ないので、困ってました。

文字盤のタイプがポイント

Apple Watchにはいくつかのタイプの文字盤があります。
タイムラプスを表示したり、クロノグラフ表示だったり。
実はこの文字盤のタイプがポイントだったようです。
実際にはこちらのURLをみていただくと、対応している文字盤がどれか
見ることができます。

ちなみに文字盤のなかに表示できる項目をコンプリケーションと呼んでいます。
https://help.apple.com/watch/#/apd6ce85daf4
私はタイプでクロノグラフを使っていたのが原因で再生中が表示できなかった様です。

コンプリケーションも文字盤の種類によって埋め込める場所が変わります。
全て試したわけではないですが、「再生中」を使える場所は文字盤の場所でも広い部分に
限られるのではないかと思います。

つまり、
「再生中」対応の文字盤タイプを選ぶ
使えるコンプリケーションの場所は表示部分が広い場所
の2点を抑えれば「再生中」を文字盤でも追加できます。

手持ちのいろいろな音楽プレーヤーアプリを使ってみましたが一通り
曲名表示などができましたのでぜひ使ってみてください。

Pocket

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。