QuiccaのPHPバージョンに注意

PHPのバージョンは大事

古いバージョンでもアプリが動いていればいいというものではなく、
セキュリティ上の理由で脆弱性に対応するためにもきちんと推奨バージョンを使うのは大事です。

特にメンテナンスされなくなったバージョンを使うのはリスクの
レベルもわからないのでとても危険です。

PHPのリリース日とサポート期限

レンタルサーバではPHPのバージョンを自分で管理できないことが
多いです。

多くのレンタルサーバでコントロールパネルなどでPHPの
バージョンを確認できるので一度確認してみると良いかと思います。
もしできない場合はphpinfo関数で見るというのが一般的かと思います。

wpblogについてはコントロールパネルからPHPのバージョン
変更ができます。いま時点で7.1を選ぶことができます。

一方、レンタルサーバのQuiccaでは設定変更することも
できず、古いバージョンのままとなっています。
(利用しているサーバによる可能性あり)

問い合わせてみましたが、他のユーザへも影響するので
対応予定は明確にできないとのことです。

レンタルサーバを提供する以上は、バージョンアップは
想定されるべきで、「他のユーザへの影響」という理由
は妥当ではないとおもいますが現時点はそうなっているようです。
(本来は古いバージョンを利用することのほうが
他のユーザへの影響として重視されるべき)

有償サーバなので早く対応してほしいと思います。

 

 

Pocket

One comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。