HTTPSとHTTPの送信元IPアドレスを表示するツール

送信元IPアドレスを知りたい

日常的にあるニーズではないですが、ネットワーク関係の作業などを
したい場合に送信元IPアドレス(ソースIPアドレス)は必要になるものです。

一番有名なのは確認くんだと思います。

ウェブでアクセスしたときに、方法はHTTPアクセスとHTTPSアクセス
があり、確認くんではHTTPアクセスのみに対応しています。

他の同様のサイトでも似たサービスはあるのですがHTTP/HTTPS両方の
情報を教えてくれるサイトがなかったので作って見ました。

HTTPS版を作ってみた

こちらにHTTPSでアクセスしたときの送信元IPアドレスを表示する方法
を用意しました。

What is My IP Address

HTTPSのツールが必要になるケースの技術的な説明

一般的に家庭や組織の機器がインターネットにアクセスする場合は、
プライベートIPアドレスをグローバルに変換してアクセスすると思います。

この際に、家庭でよく使われる方法はNATです。NATの場合は基本的に
どのクライアント通信も同じIPアドレスに変換されるため確認くんで得られた
結果(送信元IPアドレス)はHTTPSでも同じく得ることができます。

一方、組織でHTTPSプロキシを使っている場合は設計上の理由で
別のIPアドレスを使って通信する場合があります。この場合はHTTPで
アクセスしたときとHTTPSでアクセスした時でIPアドレスが変わることがあります。

その為今回作ったようなツールがあると役立つこともあります。

Pocket

One comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。