[Mac] 古いAirmail betaのデータを消して数GBの空きができた2

Airmail Betaで再度過去のファイルが残っている

以前に古いバージョンのデータを消せるという記事を書きました。

最近、Macのディスク容量が逼迫していたので再度見てみたところ、
最近のバージョンアップでまた不要なフォルダが残ったままになっていました。

古いフォルダ ~/Library/Containers/it.bloop.airmail.beta10/
新しいフォルダ ~/Library/Containers/it.bloop.airmail.beta11/

beta10の方を削除することで数GBの容量を確保できました。

私の場合、Airmail側で処理をしたようなローカルのデータはなく、すべてIMAPで管理しているため
消しても問題ないのですが、POP3やローカルアカウントを作成している場合はそのデータは
消えてしまうのでご留意ください。

IMAPやGmailのアカウント設定そのものは残るので設定し直す必要はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です