マネーフォワードの安全性・危険性

マネーフォワードの安全性

マネーフォワードが便利ですよ、という記事はいっぱいあるのでそちらを参考にいただくとして
このページでは安全性に注目してみたいと思います。サイトに紹介があります。
https://moneyforward.com/features/4
バックに大手企業が有り、暗号化をきちんと行い、個人情報は入力不要、取引パスワードは保存しない
というのが主張です。

マネーフォワードの危険性

「銀行・証券のログインパスワードが漏洩するリスク」を「利便性」と引き換えに受け入れる人は
ほとんどいないと思います。
この記事も参考になります。
安全性を主張するサイトのほとんどは「万が一、口座のパスワードが漏洩しても取引はできない」と
言っています。これは多くの銀行・証券会社がログインパスワードとは別に取引パスワードを設定している
ことを指しています。しかし、ログインされて、個人名+全資産がバレるだけで社会的にはかなりの打撃と言えます。
見ず知らずの人にログインパスワードを預けている事自体は変わらず、この点を十分考える必要があると
思います。

マネーフォワード利用のコツ

使いたい方は以下を気をつけると良いと思います。

  • 銀行・証券口座でログイン通知メール機能を使う(せめてログイン履歴の閲覧をする)
  • マネーフォワードでログイン通知メール機能を使う

マネーフォワード社が自由にあなたの口座へログインする仕組みを持っていることからすると
必ず抑えるべき点だと思います。
これらの機能がない口座の場合、あなたの知らないところでマネーフォワードが口座情報を閲覧したり
パスワードの漏洩があった場合にも気づくことはできません。

それでも不安な方へ

マネーフォワード社によるパスワード漏洩などが怖い方はMoney Lookの方がよいでしょう。
Money Lookの場合はホームページによるとパソコン側に記録され、Money Look側ではそもそも漏洩
しようがないという仕様のようです。
つまりマネーフォワードの場合はマネーフォワード社による勝手なログインはありえますが、
Money Lookの場合は勝手にログインするためのパスワードを渡していないことになります。
もちろん悪意があれば、Money Lookのクライアントソフトにそういう仕組を埋め込むことはできますが
「万全を期していたがサーバから漏洩してしまった」という事態は発生し得ないです。
どちらも便利なサービスですし、マネーフォワードの方がグラフなどはきれいなようです。
リスクを理解して便利な生活に役立てたいですね。

Pocket

One comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。