SugarSync移行先検討 younited編

F-Secureは2015/10/1でサービスを終了します。以下は以前の記事です。ご注意ください。

F-Secureの提供するマイナーなクラウドサービス

こちらもpCloud同様に無名なのですがサービス提供元はアンチウィルスソフトのF-Secureです。
メールセキュリティのバラクーダもCopyというクラウドサービスを提供していたりそういうトレンドなんでしょうか。
早速チェックです。

  • 無料プランあり
  • 専用フォルダだけでなく、複数の既存のフォルダの同期指定が可能
  • ストレージの容量は5GB以上
  • できるだけ安全なもの
  • ブラウザからも利用ができる
  • Windows/Macどちらでも使える

いずれもクリアしています。無料サイズは5GBです。こちらは紹介によるボーナスはありません。

クライアント画面

まずは画面ですがSugarSync同様日本語対応です。

SugarSync同様、設定だけでなく、ドラッグアンドドロップでアップロードができます。ただし、Webでもクライアントでも
アップロードした際のアップロード先は同期フォルダではなく、Younitedフォルダになります。
SugarSyncでいうマジックブリーフケースです。
つまり上の画面で言うと左側のyounitedというのに集約されます。
左側のメニューに注目すると写真・動画などがありますが拡張子ごとに自動的に分類がされます。
ホーム画面を押せば当然、全ファイルが見渡せます。
自分のコンピュータを選べば同期させたフォルダが見られます。
右クリックによる同期フォルダの追加はできません。クライアントの設定画面でフォルダを指定して追加をします。
またこのフォルダにブラウザやWebからはファイルを追加はできないのでSpiderOak同様にSync
メニューにある「ソース クラウドを追加」というのはどうやら他のクラウドのデータを取り込めるようで、
Dropbox/Facebook/Picasaが入っています。
さらにコレクションという概念があり、一種のグルーピング機能がついています。
コレクションには当初から「お気に入り」と「共有コンテンツ」が用意されていますが自分で作ることもできるので
「現在作業中」コレクションなどを作って管理するとより便利に使えると思います。

Web画面

クライアントと同じ画面構成になっています。

まとめ

画面・使い勝手ではSugarSyncを上回る部分もあるのでは、と思います。
難点はバックアップとなるため、他のデバイスやWebからアップしたファイルをバックアップフォルダに同期させることは
できない点です。
SugarSyncでいうと、「マジックブリーフケース」と「デバイスごとのWebアーカイブ」といってもいいかもしれません。
あとはWeb版はやや画面の表示などが遅い感じがします。
セキュリティに関しては、転送は暗号化され、保存についてはさまざまなユーザ表示のために復号化することはあるが
基本的には暗号化しているとのこと。
pCloudの有償のend to end暗号化やSpiderOakのゼロナレッジにはかなわないですが、
一般的なクラウドサービスのレベルとしては十分だと思います。

2件のコメント

  1. SECRET: 1
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    今までsugarsyncを緊急時のバックアップとして使用していまして、無料サービスが終了するということで、どうしたものかと思っていました。
    私も指定フォルダの同期は捨てられないなと思っていたので、一連の記事のような比較はとてもとても助かりました。
    younitedを使用し始めてみましたが悪くなさそうです。カビーも迷いましたが、いかにも海外なデザインや英語表記のみ、という点で躊躇してしまいました……。とはいえ、カビーもまた候補の一つである事には変わらないですね。
    younitedをインストールしてまだ間もないですが、一点だけ気になったのは、バージョン管理がないことですね。
    sugarsyncの時代でも、使った事はなかったのですが、万が一、間違えて同期させてしまった場合でも大丈夫ですから、安心感はあり、好きだったのですが……そこだけはちょっと気になりますね……。
    自分にぴったりすぎる程の記事で、とても助けられましたので、コメントせずにはいられませんでした。
    素晴らしい記事を書いてくださり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です