オンラインストレージの安全性

最近かなり普及しているオンラインストレージ・メモサービスについて。
無料で○GBの提供、というサービスも今では対して珍しくは無いです。
ネットを見ていると「ただ」が強調されて「安全性」が書いてないような気がするので簡単に書きます。
よくある回答
1.「httpsで暗号化されているので大丈夫!」
 何が暗号化されているのか、が重要です。ざっくりというとhttpsと表示されているページだけは暗号化されています。
 逆に言うとログインページ以外がhttpsになっていないサービスではそれ以外のページは盗聴される可能性があります
 例えばメールサービスでログインページだけがhttpsだと、その後見ているメール自体は暗号化されません
 またソフトウェア・スマホアプリなんかだとそもそもhttpsを使っているのかどうかもわからなかったりします。
 (より細かく言うとhttpsのページでも全コンテンツが暗号化されているとは限らない)
2.「暗号化してサーバにアップロードしているので大丈夫!」
 どう暗号化するかが重要です。鍵長、暗号化アルゴリズムまたサーバに置く期間もポイントです。
 通常の暗号化技術は総当りでいつかは解錠されるリスクがあります。
 サーバ管理者を信頼するのであればこの点は気にしなくても良いです。
個人的ダメな使い方
 暗号化したからといってパスワード管理ソフトのファイルをアップロードする
 2.のリスクを見ています。漏洩した時のインパクトが大きすぎるので×。
おすすめ(というか自分の使い方)。
 漏洩しても「まぁいっか」と思えるもの。例えばブックマーク
 消失しても「まぁいっか」と思えるもの。例えば取扱説明書ファイル
ということであまりオンラインストレージは有効活用方法がわかっていません。
個人情報がなくどうでもいいのにそこそこでかくて、でもちょっと念のためオンラインにもバックアップしておきたい
なんてファイルがあまりないので使い所が悩ましいです。

1件のコメント

  1. まとめteみた【深緑】

    最近かなり普及しているオンラインストレージ・メモサービスについて。無料で○GBの提供、というサービスも今では対して珍しくは無いです。ネットを見ていると「ただ」が強調されて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です